【バイク】アラフォー女☆ウェアについて

バイクが手に入ったらバイクウェアも気になり始めました。
というのも、教習中に派手にこけたときにプロテクターがあったから無傷(打撲痕はありましたが)で済みました。
たかだか時速20㎞くらいで衝撃があるので、公道で走っている時に・・・追突されたら・・・と考えると
むき出しの体を守るのはとても大切になってきます。
最低限、頭はヘルメットがありますが、肩、ヒジ、ヒザ、手、足首・・・
よく素手やサンダルで原付を乗っている人を見かけますがありえません。

特に初心者なので装備はちゃんとしないとな、と。

だからといってバイクスーツに身を包むのはちょっと。。。

バイクウェアって、バイク降りたとたん急激に浮いちゃいます。
ロングツーリングやレースが目的ではない私にとっては選択肢にありません。

果たしてタウンユースと安全性を兼ねそろえたウェアはあるのか?!

現在の結論
「ほぼない」

教習所に通っている時から色々と調べていたのですが、まず長崎にはバイクショップ、いわゆる車体以外の関連商品を扱っているお店がほぼありません。

最近「ワークマンプラス」が2店舗目出店しまして、防寒具はここがコスパ高くていい感じです。

でもさすがにプロテクターやブーツは売っていません。

まず靴をどうしようかと思いました。
スニーカーはすぐに劣化します。ギアが当たるところは特に黒ずみます。
ボロボロになったスニーカーで歩きたくないし、かといって頻繁に買い替えるのは経済的にキツイ。
ということで、足首までしっかりガードされる「ブーツ」を選択肢に入れました。
ちょうどこれから秋冬シーズンだったので。

とはいえ、ABCマートなどに行ってレディース用ブーツを見ても
『ふわふわ・もこもこ・ヒールバッチリ系』の「おしゃれ・軽量」がキホンなのでバイクには合いません。
強い革生地のものが見つからない。
ギアが当たるところはすぐに破れそうな感じのものばかり。

しっかりしたブーツなら男性用!と探すもゴツすぎる感。
サイズもやっぱり大きい。

ではネットで!
もちろん色々とヒットするのですが、私の場合、靴や服は必ず試着してから購入しなければ失敗するので買いません。

バイク用ブーツ、24㎝サイズなどは在庫切ればかりです。。。
そもそもバイクに乗る女自体少ないから量産してないんですよね。

結局、福岡市内の「2りんかん」まで足を伸ばし探すことに。
コロナもあるのでレンタカーを借り、子どもが下校するまでの間にサクサクっと行きました。

おおお!!さすが、専門店!たくさんのバイクも魅力的ですが、関連商品もたくさんあってウキウキ。

さてさてウェアはどうかしら?

ありましたよレディースコーナー!少しでしたけど(;^_^A
上着はメンズでもよさそうなのでメンズコーナーで探しました。
レディースのはなんか、こう、違った笑

試着を繰り返し、
・プロテクター(膝)入りパンツ
・プロテクター(ヒジ、背中は別売り)入りアウター
・ブーツを購入しました!
やっぱり実際に履いてみるのがいいですね。ブーツは希望サイズが案の定在庫切れだったので1か月待ちました。

このブーツはタウンユースで違和感なくとても着まわしやすいです。
    

初回、履いたら少し屈伸してブーツを柔らかくすることをおススメします。
でないと固すぎて、全然ギアチェンジできなくてうまく運転できません(2か月たった今もまだイマイチ)。
かかともナナメ仕様で、スムーズなギアチェンジができるよう設計されているのですが慣れるまで大変です(まだイマイチ)。

パンツは膝にプロテクターが入っているのですが、ニーグリップがとてもしやすくなりました。
初心者と上手な人の運転の違いって、下半身の安定感だと思います。
教習所の先生たちもバイクと一体化してました。

ニーグリップは大事です!
女性には内もものトレーニングにもなると思います笑

アウターは通気性が抜群のタイプだったので風が冷たくなってからは着なくなってしまいました。
やっぱりゴツイというか、、、ビジュアルがゴリラっぽくなります(笑)私は動物でゴリラが1番好きですが自分はなりたいわけではなく。

ツーリングが目的だといいのかもしれませんが、街中をウロウロするにはちょっと動きづらいのです。
はい、ワガママですね!

UNIQLOやワークマンで薄いのに高機能な防寒具もお手頃価格で手に入るので、それらと組み合わせてうまく着こなせればいいなと思います。

寒いですけど、冬のバイクの方が夏より快適です。
夏は信号待ちが1番ツライ・・・汗でヘアメイクもぐちゃぐちゃですから笑
冬は防寒さえすれば楽しいです!

そのうち、私自身が『30代以上の男女向けキレイめのバイクウェアアパレルブランドを立ち上げたい!!』とも思いました笑
安全性と機能性、落ち着いた見た目を併せ持つアイテムを作りたいですね。

ともあれ、初心者はできる範囲で装備をしっかりし、安全なライディングをすることが1番ですね!

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします