補助金申請

長崎で補助金や各種支援金をご検討されている方へ。

県内でトップレベルの企画立案力・採択率を誇る行政書士法人シトラスへぜひご相談下さい!

当事務所で主に取り扱っている補助金は経済産業省(中小企業庁)管轄の補助金です。

 ex)「ものづくり補助金」や「事業再構築補助金」


補助金とは

新規事業や経営規模拡大を国や自治体が資金面から応援してくれるのが補助金制度です。

「助成金」とは異なり、書類や要件が整いさえすれば通るものではありません。

しっかりと詳細まで「審査」されます。

採択後も実際の入金までは時間がかかります

そのため、入金までの資金繰り・人的資源の確保が重要になります。

大きな投資をする時に心強い。

事業計画とは

資金調達するための方法はいくつかあります。

身内から、銀行から、個人投資家から…。

融資を受ける場合は返済できる見込みがあるかどうかが問われます。

事業性や成長性のない事業には誰もお金は出してくれません。

ましてや「補助金」は返済義務がなく財源が税金です

データに裏付けされた、理論的かつ説得力のある事業計画書が必要です。

何の事業をしようとしているのか。

補助対象経費とは

どんな事業にでも支援してくれる訳ではなく、国として注力したい事業が対象です。

細かい申請要件も多々あり、非常に複雑な制度内容となっていますので、補助金申請のプロにお任せ頂くのが賢明かと思います。

補助金申請のために

事前に要件などを確認をします。

公募要項に沿った内容の書類をきちんと、細かく準備をしていきます。

申請者としての要件

資本金や従業員の数、経営状況など(補助率が変わります)。

業種は合致しているか確認します。

何をしたいのか

あなたは何をどうしたいのか人に説明できるようにします。

そこに新規性、事業性、革新性などがあるかどうかが問われます。

投資したいモノは何か

投資予定のモノやサービスが補助経費にあたるのか確認します。

経営資源はあるか

やりたいこを実現するためのヒト・モノ・カネ・情報は足りているのか確認します。

最近はデジタルに対するリテラシーも必要です。

金融機関からの応援は

自己資金で賄えない場合、借入が必要になります。

金融機関とも該当事業について情報共有し、融資の実現をアップさせる必要があります。

加点要素は取れるか

ものづくり補助金なら「事業継続力強化計画」「パートナーシップ構築宣言」「経営革新計画」が主な加点要素です。

それぞれ補助金申請より前の段階で策定・認定されていれば審査時に加点されます。

また、デジタル枠でしたら情報SECURITY ACTION宣言が必須です。

加点要素が多いほど補助金が採択される確率も高くなります。

採択される為には綿密な計画と入念な準備が必要です。

以上のことが自分一人ではうまく言い表せなかったり、気づかなかったりすることが多々あります。

アイデアや方向性があってもそれを「説得力ある書類」にまとめるのが難しいとき、我々が力になります!

デジタルが苦手でもご安心下さい。

行政書士法人シトラスは長崎県で初めて経済産業省から認められたDX認定事業者です。

デジタル技術の活用・応用について行政書士事務所では県内トップレベルであると自負しています。

また、大手企業でのマーケティング経験を活かして先進的な補助金申請書・事業計画書の作成が可能です。

あなたの強み、セールスポイントを分析し、ブランディングし他社との差別化を図ります。

あなたの経営理念をもとに、経営戦略・経営計画(マーケティング)を一緒に考えます。

あなたの商品・サービスが、顧客に・地域に・未来にどのような価値を提供できるか言葉にします。

具体的なデータで事業計画を裏付けし、コンセプトを明確にします。

残念ながら100%の採択はお約束できません

これまでご依頼頂いた案件の採択率は8割強です。

しかし、勝負は時の運です。中には採択されない案件もあります。 

私たちの仕事は採択の可能性を少しでも高めることです。

数ある企業の中から当事務所を選んで頂く限り、一生懸命取り組みます。

採択発表まで私たちもドキドキしながら過ごす程に感情移入もします。

その都度本気ですので、適当に執筆したことはただの一度もありません。

しかし、1回ダメでも、ほぼ同じ内容で2回目出して採択、という逆転劇も多々あります。

採択の可能性を少しでも高めるために、着手後も私たちと密な連絡・情報共有の場をお持ち下さい。

「投げっぱなしであとは全部任せる」というスタンスの方は当事務所とは合わないと思います。

事業計画書をつくるということ

事業計画書は面倒くさいし難しいです。

必要に迫られなければ作成しないものでしょう(融資の時など)。

計画書の文が出てこなくて悩むことも多々あるでしょう。

しかし、こういったものは往々にして他社との対話の中で纏まっていくものです。

一人で悩んでいてもなかなか前進はしません。

正直、計画書作成で悩む時間はもったいないです。

どうすればいいか分からない時、行き詰った時は私たち補助金申請のプロにご相談下さい。

未来のことは誰にもわかりません。

そのような中で、自問自答しながら頑張っている経営者の皆様へ精一杯の応援をさせて頂きます。

一人で頑張るのも大切ですが、困ったときのブレーンとして私どもをお使い頂ければ幸いです。

料金(税抜)

小規模事業者持続化補助金
80,000円
ものづくり補助金・事業再構築補助金(成功報酬あり)
150,000円
経営革新計画
50,000円
事業継続力強化計画
50,000円
小規模事業者持続化補助金実施報告
60,000円
ものづくり補助金・再構築補助金実施報告
成功報酬に含む