ChatGPTで建設業許可のランディングページを作成してみた件

最近のAIの発展は目覚ましいですね。

特にChatGPTは無料なのに優秀ですので、デスクワークの助手として活用されている方も多いと思います。

簡単なコードや文面ならササっと記載してくれるので、建設業のランディングページを作ってみました。

コツはチャットの初めに自分の目的を明確に宣言することです。

今回のような使い方なら「私は行政書士です。建設業許可のランディングページを作成したいので、ヒーローセクションとお問い合わせ部分を作って」とお願いすれば文面の案を作成してくれるので、あとはそれを推敲してWordpressにコピペでokです。

デザインも簡潔にしたかったので、デフォルトテンプレートを使用していますが、今後少しずつ空き時間でカスタムしていきたいと思います。

この記事を書いた人

松岡 いずみ

長崎県長崎市の行政書士法人シトラス代表社員。
主な業務は建設業・廃棄物・補助金・相続・離婚・内容証明。
補助金の採択率は8割強。
行政書士の他に宅建士・2種電工・FP2級などの資格を取得。
IoTやDXに力を入れており、長崎県で初の経産省DX認定を取得。
マイブームはDALL-E2での画像生成とRobotic Process Automation。
自称「ながさきDX推進大使」