約10年ぶりの韓国(釜山)に行ってみた

こんにちは!
ライフハッカーFPの松岡です!
先日、家族で韓国(釜山)2泊3日の旅をしてきました!

子どもたちは初海外でした。

8時半出港の高速船ビートル乗船を目指し、朝は5時前に自家用車で出発しました。

真っ暗ですみません。
ここは、長崎県内の高速道路のP.Aです。長崎の朝の5時頃は真っ暗です。

博多ふ頭に到着しました。強風が冷たい。。ちょうど寒くなったタイミングなのもありますが、やはり長崎は暖かいです。

韓国でのネット環境を確保するべく、ターミナルで営業していた「モバイルリンクス(Wi-Fiレンタル)」を契約しました。事前にネット予約をしていれば、100円/日安くなりますし、ここで住所氏名などを書く手間が省けるのでオススメです。知らなかったのでもったいなかった~。それでも600円×3日分でしたので十分でした。釜山で通信状況は良好でした!

行きは波が高く(2~3㎡)で娘も派手に吐き戻し、私もトイレへ駆け込みました。
せっかくグリーン席で優雅に過ごそうと思っていたのに、軽食もお酒もすべてパーでした(笑)
かなりの人数の乗船客が体調不良でした。


約10年ぶりの韓国・釜山

釜山タワー(龍頭山タワー)にも、写真を撮る場所が設置されていました。10年前は多くのアジョシ(おじさん)たちが将棋をしていたのですが、今回は見かけませんでした。
寒い中階段で寝ている人はいましたけど。

高層ビルがものすごく増えていました。海沿いの広安里(クァンアルリ)、海雲台(ヘウンデ)エリアが人気のようで、マンションも立ち並んでいました。住むためのみならず、投資物件としても買う人が増えているようです。


カフェが乱立

10年前は繁華街である南浦洞(ナンポドン)エリアに1~2件しかありませんでした。
コーヒーやパンを食べる習慣はなかったようで、韓国料理屋さんばかりでした(それは今も同じなのですが)。
それがまさに乱立していました。

カフェの横にカフェがあってその上の階にもカフェがある。
スターバックスも目についたのですが、現地のフランチャイズもそれなりにありました。
2店舗入りましたが、コーヒーも美味しく、サイドメニューも充実していました。
外装、内装、インテリアも凝っている場所も多く見受けられました。

韓国では、これが流行る!となると一斉にそっちを向くそうです。

にしても、こんなに競合が多くて、人口比率から考え採算とれるのかなあと余計な心配をしてしまった次第です。
GDPを膨らませるため??


オルチャンメイクの人多し

日本でも韓国発祥クッションファンデは人気です。
多くの女性が真っ白・艶肌系で、赤系のリップをつけていました。

化粧品売り場でもリップのコーナーが充実していました。店の表側にある、という感じです。

アイラインをしっかり入れている人とそうでない人は半々くらいの印象でした。
20代とみられる年齢層の丸メガネ率が男女ともに高かったです。

ファッションも日本とほとんど変わらなかったです。
10年前と全然違いました。
売られているコートのデザインも似たようなものが多く、グレンチェックも流行っていました。

ちなみに、男性の髪型の「刈り上げに前髪パッツン」は変わっていなかった感がありました。

韓国の美容雑誌もチェックしてみました。
面白かったのは、メーカーがスポンサーなので、良いことしか書かないのが普通ですが、韓国の記事はそれぞれの改善点なども記載されていたことです。

基礎化粧品・メイクアップ品もまずは海外ブランド、日本のブランドが紹介されていました。


タバコの吸い殻が女子トイレにない

前述した男女の立ち位置に関係しますが(日本も似たような感覚のやつです)、女が喫煙することは基本的にタブーで、女子トイレの床などに吸い殻がポイ捨てされていました。

で、今回全く落ちていないのです。

というのも、屋内での喫煙が禁止になったからです。自宅以外の屋内での喫煙は全面禁止ということで、アルコールを出すお店もダメなんです。
でも喫煙率は高い韓国。どこで吸うのか?
屋外です。みなさん店先で吸っていました。
屋外でも禁止のところはその掲示がありました。

女性喫煙者はどこで吸っているのでしょうか。。いなくなったとは思えないし。
夜も遅くなったころには、道路でもおねえちゃんたちはスパスパ吸っていました(^.^)

あと、アイコス率が高かったです。


アメリカナイズされている

韓国は日本よりもアメリカナイズされている部分が多いです。
例えば男女ともに筋トレが受け入れられています(マッチョイズム)。
家や車はより大きなサイズのものを選ぶこと(セダンとSUVがほとんど)。
投資だけでなく投機にも意識がある。

でも同年齢の友人が言っていました。
最近の時代の流れ方はおかしい、伝統文化がないがしろにされている、と。
本人の思想も影響しているかもしれませんが、〇〇がいい!となればすぐに飛びついたり、よく考えずに取り入れていく風潮に難色をしめしていた、という点は興味深かったです。


子どもの教育事情

日本と同じような印象を受けました。
幼少時から習い事や勉強をしっかりさせる人とそうでない人との差はあるようです。
させる家庭は、2歳~3歳からピアノ・バイオリン、スポーツが多いようです。
スポーツの中でも、最近は「テコンドーが精神面を鍛える」という側面を強く打ち出しているようで、教室がたくさんできているとのことでした。

韓国は儒教思想なので、年上年下、男女の違いというのを明確にし接し方を変える文化がありますが、最近は「お父さんは子供には優しく、一緒に遊ぶこと」が良いとされてきているようです。
父親は子供のしつけに厳しく口出しはしないこと。今できなくてもそのうち必ずできるようになるのだからおおらかに構えておくべき、という論調もあると聞いて驚きました。


タクシー(車)は相変わらず飛ばします

模範タクシーを見ませんでした。元々釜山にはソウルに比べて少なかったのですが、今回は1度も見なかったんです。
IT普及のおかげなのか?外国語ができなくても対応できる時代になった結果なのでしょうか。
タクシーは9回利用したのですが、全車両にナビがついており、法定速度をオーバーすると警告表示が出ていました。

でも、どう考えても80㎞/h出てるよね??というスピードで60~70㎞/hの表示なので、10㎞/h引いてあるのではないか?と感じます。

20㎞の距離を20分くらいで移動してくれていたので、こちらとしてはかなり助かりましたけど。しかも、それで大体13000ウォン(約1,350円 2017年11月末現在)なので、日本に比べてかなり安いですね。

信号機があまりないことと、みんながみんなスピードを出すので成り立つのだろうなあと思いました。


日本同様電車の中でもほとんどスマホ見ています

最新機種大好き!スマホは大体2年サイクルで使うようです。契約時にそういう風にしているようです。
声認証で写真を撮っていました。

利用料も7,000ウォン/月なので大体同じですね。
私は格安SIMですが(´∀`*)


釜山広域市の食事(味付け)は日本人(特に九州人)に合うと思います

スルメイカと大葉のチヂミ
子どもたちもパクパク。
自宅でも作ってみようと思います。

サムゲタンはお気に入りです。THE薬膳料理って感じです。自宅で圧力鍋で似たものは作れますよ。

お肉と言えば豚がメインの韓国。葉っぱ(えごま、レタス)にナムルやキムチと一緒に挟んでパクリ!

ニンニクも気にせず食べれます(笑)
しっかり焼かないと、かなり辛いので気を付けましょう。
青唐辛子は凶器です。
10年前に間違えて一口食べて、辛すぎて涙が止まらなくなり、頭がクラクラしたことがあります。
その時一緒にいた夫が、事情を知らない店の女主人に「女の子を泣かすっちゃどういうことね!(韓国語)」と怒られました。
私には水と韓国のりをたくさん持ってきてくれました。

ピザ屋さんにあったプルコギピザ。もちっとした生地の中にプルコギとチーズが入っていて、美味しくないわけがない!!

ということで、辛くない料理もたくさんあり、子どもたちも毎食たくさん食べました。
発酵食品や野菜をたくさん食べるから肌がきれいな人が多いと仮説を立てているのですが、最近はサプリメントもよく使うようになったようです。
なんだかもったいない気がしますけどね。


まとめ

楽しかったです!(語彙力)

この記事を書いた人