補助金申請

ここでの補助金は主に経済産業省(中小企業庁)管轄の補助金となります。

補助金とは

あなたの新規ビジネスやビジネスの拡大を国や自治体が資金面から応援してくれるのが補助金制度です。「助成金」とは異なり、書類や要件が整えさえすれば通るものではありません。しっかり「審査」されます。

また、仮に採択されたとしても実際の入金までは相当な時間がかかります(長いときは1年以上)。そのため、その間の資金繰りやモチベーション維持と人的資源の確保が重要になります。

大きな投資をする時に心強い。

事業計画とは

資金調達するための方法はいくつかあります。身内から、銀行から、個人投資家から…。融資を受ける場合は返済できる見込みがあるかどうかが問われます。事業性や成長性のない事業には誰もお金は出してくれません。ましてや「補助金」は返済義務がなく財源が税金ですので非常に説得力の高い事業計画書を提出しなければなりません。

何の事業をしようとしているのか。

補助対象経費とは

何でもかんでも国が援助してくれるわけではありません。また細かく要件も決まっています。後々の報告のことも考え、見積もりなどもしっかり取っておくことが望ましいです。

補助金申請のために

事前に要件などを確認をし、公募要項に沿った内容の書類をきちんと、そしてかなり細かく準備をしていきます。

申請者としての要件

資本金や従業員の数、経営状況など(補助率が変わります)。業種は合致しているか確認します。

何をしたいのか

あなたは何をどうしたいのか人に説明できるようにします。そこに新規性、事業性、革新性などがあるかどうかが問われます。

投資したいモノは何か

投資予定のモノやサービスが補助経費にあたるのか確認します。

経営資源はあるか

やりたいこを実現するための、ヒト・モノ・カネ・情報はある(いる)のか確認します。最近はデジタルに対するリテラシーも必要です。

金融機関からの応援は

自己資金で賄えない場合、借入が必要になります。金融機関にも事業についてご理解いただき融資の実現を少しでもアップさせる必要があります。

以上のことが、自分一人ではうまく言い表せなかったり、気づかなかったりすることが多々あります。アイデアや方向性があってもそれを「説得力ある書類」にまとめるのは難しいときに、我々が力になります!

デジタルがニガテ!でも安心してください。これを機に色々と覚えていただきます。

あなた(貴社)の強み、セールスポイントを分析し、ブランディングし他社との差別化を図ります。

あなた(貴社)の経営理念をもとに、経営戦略・経営計画(マーケティング)を一緒に考えます。

あなた(貴社)の商品・サービスが、顧客に・地域に・未来にどのような価値を提供できるか言葉にします。

具体的な数値で事業を裏付けし、コンセプトを明確にします。

採択をお約束するものではありません

数ある企業の中から当社を選んでいただく限りは一生懸命取り組みます(正直、採択発表まで心臓に悪いです)。しかし「必ず採択させます」というお約束がでいないことを何卒ご了承くださいませ。勝負は時の運でもあります。例えば、1回目は不採択でも2回目ブラッシュアップしたり、リニューアルしたりして採択、ということもよくあります。実はほぼ変わらない内容でも2回目で…ということもあります。

事業計画書をつくるということ

事業計画書は面倒くさいし難しい、と必要に迫られなければ作成しないものです(融資の時に必要など)。しかし、自分以外の人と話をし、自分の中の、まだまとまっていない言葉をどんどん外に出すことにより、まとまり、具体的な行動に落とし込めるようになります。

未来のことは誰にもわかりません。そのような中で、あーでもないこーでもないと苦悩しながら、不安に押しつぶされそうになりながら、経営者として生きる選択をした意欲のある経営者さま!の応援を精一杯させていただければ幸いです。

料金(税抜)

小規模事業者持続化補助金
80,000円
ものづくり補助金・事業再構築補助金(成功報酬あり)
150,000円
経営革新計画
40,000円
事業継続力強化計画
40,000円
小規模事業者持続化補助金実施報告
60,000円
ものづくり補助金・再構築補助金実施報告
成功報酬に含む