行政書士法人シトラスが長崎県DXアドバイザーに登録されました

行政書士法人シトラスが長崎県の行政書士事務所では初めて長崎県DXアドバイザーに登録されました。

1月1日には長崎県内初の経済産業省DX認定事業者にも認定されています。

長崎県DXアドバイザー制度は県内中小企業DX促進事業の一つで、「DXに取り組みたいが、何から始めればよいか分からない」「DXやデジタル化に向けてどういうツールやソフトを導入すればよいか分からない」など、DXに関する事業者さんのお悩みを解決するために設けられています。

なぜ、当事務所がこれほどDXに力を入れているかというと「若者にとって魅力的な企業を長崎県に増やしたいから」です。

長崎県は人口流出が全国でもトップクラスだからです。

つい先日も長崎市は県庁所在地人口が宮崎市に抜かれて下から二番目になったとニュースがありました。

人口流出の主な原因の一つが「魅力的な就職先がないから」だということです。

私たち行政書士法人シトラスは、事業者さんにとって「DX×建設業=飛躍的生産性向上」や「DX×補助金申請代行=超ローリスクでの事業規模拡大」であるということをしっかりと伝え、経営基盤がしっかりした斬新なビジネスモデルの元気な企業を増やしていく為のお手伝いに取り組んでいます。

そして若者の流出をくい止めて長崎県をもっともっと活気のある県にしていきたいと思います。

この記事を書いた人

松岡 いずみ

長崎県長崎市の行政書士法人シトラス代表社員。
主な業務は建設業・廃棄物・補助金・相続・離婚・内容証明。
補助金の採択率は7割強。
行政書士の他に宅建士・2種電工・FP2級などの資格を取得。
IoTやDXに力を入れており、長崎県の事業者で初の経産省DX認定を取得。
マイブームはChatGPTでのノーコード開発。
自称「ながさきDX推進大使」