業務について

行政書士業務とは


行政書士は、みなさんからの依頼を受けて、行政機関に提出する書類を作成し提出します。
また、事実関係の証明・権利義務の証明としての資料を作成したり集めたりということを主な業務としています。
日常的なV暮らしの中でお役に立つものから、ビジネスをしていく上で役に立つものまで幅広く対応しています。

いずれも紛争性のない内容であることが前提となります。
もう少し詳しく、行政書士法第1条の2、3から紐解くと・・・

1.官公署に提出する書類の作成・手続き

行政書士の独占業務です。

官公署とは、行政機関のことで、都道府県庁や市区町村役場、警察署などがあてはまります。
行政機関への提出書類には、許可、認可、届出(受理)などいくつか種類があります。
それらに必要な書類の作成や手続きを行います。

※許可:本来ダメなことを特別に許してもらえること  自動車運転免許、医師免許、飲食店営業など
※認可:民間同士のやり取りの中に行政機関が首を突っ込むもの  農地の権利移動、公共料金改定など
※届出:決まった手続きをきちんと踏めば、誰でもOK!というもの 婚姻、離婚

2.権利義務に関する書類の作成

権利義務とは①と比べて解釈範囲が広くなります。
意思表示や手続きによって「私は〇〇の権利があります」と第三者に主張できます。
上記①の公的機関への手続きも意思表示に該当します。
しかし行政法における法の解釈が様々あるので、
どちらかというと身近な書類として具体例をあげた方が分かりやすいでしょう。

a.売買・貸借・抵当権設定・請負、雇用・身元保証、覚書などの契約書
b.契約申込書、内容証明郵便による請求書、就業規則などの約款
c.遺産分割協議書や建築工事紛争予防協議書など複数人の間で取り交わされるもの
d.法人・団体の議事録および会議資料
e.会社・法人設立の必要書類(創立総会、取締役会議事録、定款、株式申込書など)

いざという時に必要な書類たちですね。

3.事実証明に関する書類の作成

「事実証明に関する書類」とは、簡単に言うと「実生活で交渉がある際に、必要な事項を証明するための文書」です。
これも具体例で紹介しますと

a.各種の証明書:名簿・資格証明、会社業歴書、自動車登録事項証明書など
b.経営会計書類:財務諸表、会計帳簿、営業報告書など
c.図面類:見取り図・平面図、測量図など許認可申請・届出書の添付種類に多いです
d.身分証明:戸籍・住民票、親族・相続に関する書類

ちなみに、個人の観賞・記念のための家系図作成は「事実証明書類」ではない、と判例(平22・12・20最高裁)があります。

以上、これら書類の作成代理、またその相談に応じることが主なお仕事です。

何となくイメージしていただましたでしょうか?

次に、弁護士や司法書士など他の士業とはどう違うのか?についてご紹介します。

行政書士は取り扱う分野が広い分、各士業とも広く関わっています。

四角で囲んでいる中に、その資格の独占業務を記載しています。
図のように、重なり合ったり、そうでない独占している部分があったりします。

例えば、「会社設立」の設立登記は司法書士の業務です。行政書士は定款や議事録の作成、雇用が発生する場合は雇用契約書の作成ができます。

また、「会計」の中の税務に関する書類の作成は税理士の業務です。会計帳簿といわれる試算表や仕訳帳、総勘定元帳の資料は行政書士も作成できます。

相談者の悩みが解決するよう各士業と連携と取ったり、全体の流れを説明したりするのが行政書士のお仕事です。

たとえがいいかわかりませんが、行政書士は町のかかりつけ医(ホームドクター)的な存在で、それ以外の士業は
専門医というイメージです。

今抱えている悩みはどうすれば解決するのか?
よりよい形になっていくのか?

専門家に任せるためには、幅広く知っておかなければならないことも多く、日々研鑽です(#^^#)

ビジネス
freee
クラウド会計ソフトfreeeフリー
freee 認定アドバイザー
くらし
マネー