薬局、ドラッグストアを開設したい

薬局とドラッグストア、何が違う?

何となく、病院やクリニックのすぐ近くにあるのが薬局で、商店街など店舗が密集しているエリアや中心地からは少し離れて大きな敷地を使って営業しているのがドラッグストア、というイメージではないでしょうか?

薬機法「医品、医療器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」によると、「薬局」とは、薬剤師販売又は授与の目的で調剤の業務を行う場所をいいます。(ただし、病院もしくは診療所または飼育動物診療施設の調剤所を除きます)

厳密にいうと違いますが、処方箋を持って行く場所、と覚えていただければと思います。
ほとんどの薬局が、健康保険制度による調剤報酬を受け取ることが可能な保険薬局です。
クリニックや病院同様保険制度の上に成り立つことで、医療行為の安定的な提供が実現します。
「薬局」を開設しようとするときは、薬局開設許可申請書を提出しなければなりません。
長崎市で薬局を開設する場合は、長崎市長の許可が必要です。許可の有効期限は6年です。
資格者(薬剤師)を必ず設置しなければなりません。

それに対し、調剤室がない店舗(一般販売業のお店)や薬剤師のいない店舗(登録販売者のみの店)では薬局開設許可を受けられないため、店の名称として「薬局」を使用できません。
こうした店舗のことを、一般的に”ドラッグストア”と呼びます。

ですので、一般用医薬品を販売するお店を経営したい場合は、薬局開設許可申請ではなく、店舗販売業の許可が必要となります。
※一般用医薬品:医師による処方箋なしに購入できる医薬品のこと。市販薬、家庭用医薬品、OTC。

長崎市で店舗販売業を開設する場合は、長崎市長の許可が必要です。許可の有効期限は6年です。
資格者(薬剤師もしくは登録販売者)を必ず設置しなければなりません。

薬局を開設する際も、ドラッグストア(一般用医薬品を取り扱うお店)を開設する際も
特にお店のレイアウト等の確認のため事前に保健所との相談が必要となります。

申請書作成から各書類の取得、代理申請までおまかせください!

報酬:90,000円
法定費用:29,000円

まずはお気軽にご相談ください。